このサイトについて

このサイトを訪れてくださり、ありがとうございます!

きっとこれを読まれている方は、馬が好きな方だと思います。
馬を自分で飼いたくて、辿りつかれたのでしょうか?
それともすでに飼っていて、知りたいことができたのでしょうか?

 

はじめまして。馬と暮らしたい!」管理人の、斉藤竜大(さいとうりゅうた)といいます。
私は今、馬の牧場で働いています。主に日頃のお世話と調教が仕事です。

馬とかかわりはじめてかれこれ3年目。
それまで東京でサラリーマンをしていた私は、馬と出会い、馬のもつ不思議なミリョクにとり憑かれていきました。
気づいたときには、はじめて夢というものができていました。

 

その夢が「馬と暮らしたい!」です。

 

いまも仕事ではかかわっていますが、いっしょに暮らしたいのです。
おなじ屋根のした、馬とともに流れる時間をすごしていきたい。
調教など小難しい馬と人との関係はいったん置いておいて、おなじ大地に立ついのちとして向き合いたい。

 

馬の話をすると、目を輝かせ、身を乗りだして耳を傾けてくださる方がいます。
もしかして、馬って身近にいないだけで、実は多くの人が求めているのでは?と思っています。

本サイトは、(1)馬に関心のある方が馬をより身近に感じられるようになる(2)馬を飼いはじめたいという人の背中を押す、ということを目的に作られました。
また、このサイトを通じて、あわよくば馬仲間が増えたらいいなぁなんて想いもあります。

 

これもなにかのご縁ですので、最後まで楽しんでいってもらえれば嬉しいです。

 

なお、内容についてはできるだけ正しい情報を載せたつもりですが、私の浅い経験に依る箇所もございます。
そういった箇所は本や資料を参考に記載してありますが、馬に関する情報や考え方は多岐にわたるため、もしかしたら他とは違うことが書いてあるかもしません。
どうかご容赦ください。

 

斉藤 竜大

馬ならではの魅力!

おっとりして、やさしくて、でかい

馬といるだけで気持ちがやわらぎ、こころがやさしく包み込まれていきます。

コミュニケーションをとることができる

言葉は通じないのに、こころは通じる。そんな不思議な魅力にあふれています。

だれにでも等しくなつく

馬は特定のヒトになついたり、差別したりしません。だれもがウマと仲良くなれます。

乗ることができる

乗ることで馬との絆を深め、「人馬一体」の至上の体験ができるかもしれません。

馬を飼う前に

初心者でも馬って飼えるの?

そもそも、初心者でも馬は飼えるのでしょうか?

馬を飼う心がまえ

馬を飼うときめる前に、ぜひ一度読んでもらえたらなと思います

かかる費用は?

馬を飼うのにかかる費用の、イニシャルコストとランニングコストについて

馬を飼うと決めたら

いろいろな馬の種類

数ある馬の種類と、初心者のかたにオススメの種類の購入方法について

飼いやすい馬の選びかた&購入方法

初心者の方でも飼いやすいと思われる馬のえらびかたについて

おウチとお庭を用意しよう

馬を飼うための環境づくりについて

蹄洗場をつくろう

馬のお手入れをするときなどにつかう場所づくりについて

エサを準備しよう

馬に与えるエサの種類や購入方法について

獣医と装蹄師をさがそう

万が一のことがあったときや日頃のケアのためにあらかじめさがしておきます

道具をそろえよう

馬の飼育やお手入れ、運動などに必要な道具について

各所への届出や近隣への周知

飼うにあたり地域によっては届出が必要です

馬を飼いはじめたら

あたらしい環境にならそう

まずは安心して暮らせる環境だということをしってもらいましょう

1日の流れをきめよう

馬との暮らしのリズムをかんがえましょう

基本のルーティンを覚えよう

馬の飼育のキホンについて

お手入れのしかた

ブラッシングと裏堀りのしかたについて

お散歩しよう!

お散歩(引き馬)のしかたについて

運動のいろいろ

お散歩以外の運動について

健康チェックと病気の予防

健康管理をしっかりして病気を予防できるにようになりましょう

【管理人ブログ】馬との暮らしあれこれ。

最近のコメント
    スポンサードリンク