新しい環境にならそう

さて、いよいよあなたのおウチに馬がやってきました!まずすべきことは、新しい環境になれてもらうことです。

馬は環境が変わると不安になる

はじめて見る景色・場所を、馬は警戒します。馬からしてみれば、未知の環境=どんな危険が潜んでいるかわからない場所です。いくらヒトに慣れた馬であっても、はじめて行く場所は不安なものです。落ち着きがなく、キョロキョロしています。かなり心が敏感になっています。

まずはやさしく声をかけ安心させてあげよう

「ここは安心していい場所である」ことを教えてあげましょう。「だいじょうぶだよ〜」でも「あんしんしてね〜」でも、言葉はなんでも大丈夫です。重要なのは、声のトーンです。低めの声で、ゆっくり、声をかけてあげましょう。

また、接するヒトの心もちも大切です。こちらが緊張していると、馬も緊張してしまいますからね。心から、大丈夫だよ、安心していいんだよ、という気持ちを持って声をかけてあげましょう。

他には、いろいろな環境に連れていってあげるのもいいと思います。このあたり一帯は安全な場所だということを、覚えてもらいましょう。

基本的には放っておけば、勝手に順応します

馬というのは、順応性の高いいきものです。最初は落ち着きがないと思いますが、時間がたてば慣れていきます。あえていうなら、安心できる環境をしっかり整えておくことが大切でしょう。安心して休める部屋だったり、清潔な水やエサだったり、がきちんと用意されていることは、馬の安心感にもつながります。

そういう意味でも、飼うまでの準備はぬかりなく行いたいですね!

 


→1日の流れをきめよう

スポンサードリンク