だれにでも等しくなつく

よく犬なんかは、主人を固定するっていいますよね。お母さんにはなつくのに、お父さんが近づくと吠えたり…笑。私も昔は犬を飼っていたのでよくわかります。

ところが馬は、そういったことをしません。特定の主人を選ばず、老若男女すべてのヒトに等しく接してくれます。

管理人
例えば、なにもしていないのに特定のヒトを拒絶する、といったことはありません。

 

では馬はヒトのことを、どういう目で見ているのでしょうか?

この時間に現れたってことは、エサをくれるヒトだから悪いヒトじゃなさそう)
(なんかオドオドしているなぁ…このヒトだいじょうぶかな)

 

なにがいいたいかというとですね、馬はそのヒトの行動や態度(気持ち)を見ているということです。体格・性別・年齢などは一切関係ありません。大切なのは、どういう接し方をするかです。

つまり、こどもからおとなまで、さらにはご近所さんからお友達みんなで、いっしょに馬との時間を楽しめるということです!だれにでも興味をもってくれたり、触らせてくれたりしますからね。


←コミュニケーションをとることができる

→乗ることができる

スポンサードリンク